タカラ、キープクリーンフロアのレギュラークラスをおすすめしない理由

タカラ、キープクリーンフロアのレギュラークラスをおすすめしない理由

FRPの床より汚れを落としにくい!

我が家のお風呂はタカラのリラクシアです。

(ショールームに行った時の記事はこちら:タカラスタンダードショールーム見学(お風呂編)

床は工務店の仕様でキープクリーンフロアという磁器の床が差額なしでついてきました。

今までずっとFRPの床だったので、磁器の方が高級感があるしいいかなと思ったのと、わざわざダウングレードしなくてもいいなと思い磁器の床にしました。

ちなみにレギュラークラスの床です。

半年以上使ってみた使用感は、FRPの床よりもとにかく汚れが目立つ!!

これ見て下さい( -_-)

床がでこぼこしていて、凹部分に汚れがたまっています。

2~3日置きにお風呂用の洗剤をつけてゴシゴシこすっていたのにこの汚れようです…。

FRPの床はブラシで擦ると汚れがすぐ取れたのに、磁器の床は汚れが全然取れません(´・ω・`)

毎日洗剤つけて擦らないとダメなの?(´д`)

デッキブラシを購入

実はこの床の掃除のためにデッキブラシを買いました(^^;)

 

 

床の汚れが取れないのはちゃんとしたブラシで擦ってないからじゃないかと思ったんですが、ブラシは関係なかったです(^^;)

でもこの無印のデッキブラシ、アタッチメントがたくさんあるしシンプルでなかなかいいです(^^)

オキシクリーンで掃除してみました

次に手をつけたのが、オキシクリーンを使った掃除です。

風呂の床掃除のためだけにオキシクリーンを買いたくなかったのですが、小さいオキシクリーンを嫌々買ってみました( -_-)

ドラッグストアでも500グラムで500円しないくらいで買えます。

 

 

「オキシクリーン 風呂床掃除」で検索して、こちらのサイトを参考にオキシ漬けをしてみました!

 

 

こんな感じでビニール袋で栓をして、

オキシクリーンを溶かしながらお湯を張ります。

実はこの日のオキシクリーン漬けはちょっと失敗してしまいました( ・_・;)

ビニール袋が小さかったのかちゃんと栓がされずに、二時間くらいしかお湯が溜まっていなかったんです。

まぁ二時間でもオキシ漬け出来たからよしとして、お風呂の床をデッキブラシで擦ります。

結果がこちら。

まだ凹部分に汚れが残っています…( -_-)

次に濡らした床にオキシクリーンをパラパラと撒いて、一時間ほどしてから床を擦るという掃除方法を試してみました。

 

結果は…

多少きれいになった…?

初めの汚い頃と比べると多少ましにはなったかな?(^-^;)

でもまだ汚れが気になる…

タカラの説明書を確認

今さらですがタカラの説明書を見てみました!

タカラのキープクリーンフロアは床が水でまんべんなく濡れている状態が乾きやすくいい状態なんですね。

水が丸くなってくると床が汚れているサインなんだそうです。

そして!頑固な汚れの場合には粉末クレンザーを使うと汚れが落ちるみたいです。

それでも落ちない場合は不織布研磨材付きのスポンジにクレンザーをつけてこするとあります。

うちの床の汚れはクレンザーじゃないと落ちないかも…。

今度はクレンザーを買って試してみます(^-^;)

お風呂の床は凹凸の少ないFRPがいいかも

タカラのキープクリーンフロアがこんなに汚れが落ちにくいものだとおもいませんでした。

サイトにも汚れが落としやすいとありますしね(^^;)

毎日ブラシでこすればキレイが保てるのかもしれませんが、ちょっと面倒( ・_・;)

説明書に熱めのシャワーで流すと書いてありましたが、ズボラな私はそれも面倒だなぁと思ってしまうんですよね(^-^;)

そういう人は、凹凸の少ないFRPの床が向いているのかなぁと思いました。

祖父の家のお風呂がこんな感じのFRPの床でした。

・凹凸が少ない

・ベージュ、グレー、白が混ざった大理石調の模様

↑こんな感じのお風呂の床だと汚れも目立ちにくいし、汚れも落としやすくて良かったです。

キープクリーンフロアでもプレミアムクラスハイクラスだと汚れの付き方、落ち方も違うのかなぁ。

私のようにズボラな人にはキープクリーンフロアのレギュラークラスはおすすめしません!!(^_^;)

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 平屋住宅へ
にほんブログ村
他の平屋ブログはこちら(*^^*)

後悔ポイントカテゴリの最新記事